ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
400 教育・学生支援機構 = Institute of Education and Student Affairs >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学高等教育研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_1-9.pdf9180KbAdobe PDF
タイトル :新潟大学全学英語教育カリキュラム改定の成果検証
別言語のタイトル :An evaluation of the revised English language curriculum at Niigata University
著者 :ハドリー, 浩美
公開者・出版者 :新潟大学教育・学生支援機構
刊行年月 :2016-12
掲載誌名 :新潟大学高等教育研究
巻 :4
開始ページ :1
終了ページ :9
ISSN :2188-0050
抄録 :本研究では,2011年度に改定された新潟大学全学英語教育カリキュラムの成果検証を試みた.使用したデータは,TOEIC IPスコア,大学入試センター試験の成績,e-learningによる課外学習時間,学生による授業評価,教員による成績評価およびクラス・サイズであった.TOEIC IPスコアおよびe-learningによる課外学習時間からは,本カリキュラムによる一定の教育効果が認められた.TOEIC IPスコアからは,習熟度別クラス編成を継続する必要性も確認された.他方,効果的な自学自習に関する知識が学生に不足している可能性があること,読解授業に対する学生の満足度が概して低いこと,より適正な成果検証のためには成績評価の標準化が望まれること等の改善すべき課題が抽出された.
This paper reports on an evaluation of the revised English language education curriculum at Niigata University, Japan, using the following data: TOEIC IP scores, test results from the National Center for University Entrance Examination, hours spent out-of-class in e-learning, student evaluation of classes, teacher assessment of student achievement, and class size. The overall positive effect of the revised curriculum was verified to a certain degree by the TOEIC results and the number of hours spent on e-learning. The necessity of streaming classes was also confirmed. This research also found that students seemed to lack knowledge of self-directed learning strategies, and that they tended to be less satisfied with reading classes in general. In addition, the findings suggested the need for more standardized assessment of student achievement in class, in order to provide a more accurate evaluation of future curricula.
キーワード :英語教育カリキュラム成果検証
高等教育
EFL
EGAP
TOEIC
学生による授業評価
ENGLISH LANGUAGE CURRICULUM EVALUATION
TERTIARY EDUCATION
STUDENT EVALUATION
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/49497
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49497/1/4_1-9.pdf
出現コレクション:01 新潟大学高等教育研究

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/49497

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。