ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
400 教育・学生支援機構 = Institute of Education and Student Affairs >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟大学高等教育研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_11-19.pdf12068KbAdobe PDF
タイトル :ライティングにおける英語学習者の文法ミスと複数回リライトに関する研究
別言語のタイトル :A Study on Grammatical Errors and Multiple Revisions in English Writing
著者 :日下, JA
公開者・出版者 :新潟大学教育・学生支援機構
刊行年月 :2016-12
掲載誌名 :新潟大学高等教育研究
巻 :4
開始ページ :11
終了ページ :19
ISSN :2188-0050
抄録 :本研究は、教師からのフィールドバックが与えられてから原稿を再提出するまでに複数回リライトを重ねることが、日本人英語学習者がライティングの課題で犯す文法ミスの減少に効果があるか検証した。同一課題内の文法ミス増減に関する考察と、新規の課題が与えられた時の文法ミス増減に関する考察の二つが行われた。対象学生を三つに分け、それぞれ、リライトなし、教師からのフィードバック後に一回のみのリライト、同条件で二回のリライトを指示し、対象学生全員に共通の課題が計四回与えられた。その結果、新規課題での文法ミスの頻度の高低とリライト回数との相関関係は確認されなかった。その一方で、リライトを複数回重ねたことで学生は、教師からのフィードバックで指摘されなかった文法ミスにも気付き、訂正しており、複数回リライトを重ねることが同一課題内で学生が自力で文法ミスを訂正する能力の育成に効果があることが示唆された。
This study examines two aspects of the effectiveness of multiple revisions on grammatical error reduction for Japanese learners of English as a foreign language: error reduction over several drafts on a certain topic and error reduction in the first drafts on subsequent topics. Students in this study were divided into three. After receiving teacher feedback, these three were told (1) not to revise, (2) to revise once, or (3) to revise twice, respectively. They wrote on four topics altogether. The results show no correlation between the number of revisions and the change in error frequency from the first topic to the fourth. However, the students who revised twice on each topic learned to notice by themselves grammatical errors that had not been indicated in teacher feedback. This suggests that multiple revisions can be effective in developing learners’ ability to self-correct errors, although this skill does not seem to automatically transfer to the next writing assignments.
キーワード :大学教育
EFL
ライティング
文法ミス
リライト
Tertiary education
Writing
Error correction
Revision
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/49500
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49500/1/4_11-19.pdf
出現コレクション:01 新潟大学高等教育研究

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/49500

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。