ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
010 人文学部 = Faculty of Humanities >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
07 新潟大学言語文化研究 = Niigata studies in foreign languages and cultures >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
22_11-23.pdf771KbAdobe PDF
タイトル :韓国語の統語的アプローチ : 作文法において
別言語のタイトル :Syntactic Approach of Korean : Considering How to Make a Sentence
著者 :権, 英秀
公開者・出版者 :新潟大学
刊行年月 :2018-2
掲載誌名 :新潟大学言語文化研究
巻 :22
開始ページ :11
終了ページ :23
ISSN :1884-1988
抄録 :This study focuses on the word order between ”Japanese and Korean” and considers how to make Korean sentences. The results are as follows: “MASU” in Japanese makes a special word order which there is not in Korean. : The Negation and The Preterit Tense are located in the next of “MASU”. But also Korean doesn’t have these arrangements. : Two Postpositions can be compounded also in Korean. But there is the special case when it could be expected which of two postpositions can be located in front of Verb. In this case, Koreans can leave out the expected one and must write just another one. : “SEYO” in Korean makes the word arrangement which Japanese doesn’t have.
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/49715
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49715/1/22_11-23.pdf
出現コレクション:07 新潟大学言語文化研究 = Niigata studies in foreign languages and cultures

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/49715

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。