ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
020 教育学部 = Faculty of Education >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper  >
11 新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編 = Bulletin of the Faculty of Education. Natural Sciences >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
11(2)_113-123.pdf1652KbAdobe PDF
タイトル :月の観測における簡易高度測定器「ツクヨミ」の提案
別言語のタイトル :Proposal of the Moon observation using 'Tsukuyomi', a simple angle measurement instrument
著者 :藤林, 紀枝
山上, 遥那
高橋, 洋子
髙清水, 康博
齋藤, 暁史
公開者・出版者 :新潟大学教育学部
刊行年月 :2019-3
掲載誌名 :新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編
巻 :11
号 :2
開始ページ :113
終了ページ :123
抄録 :月の高度簡易測定器「ツクヨミ」を作成し,方位磁石とともに用いて月の形と移動経路を測定する実習を実施した.小・中学校の学習内容である「月の満ち欠け」,「地球から見た月の動き」,「月と太陽と地球の位置関係」,および「月の運動(公転)と見え方」は,小学校理科の学習項目の中で「教える自信」のない項目の1つである.本研究では,教育学部理科教育専修の2年次学生の授業で,月の高度簡易測定器「ツクヨミ」を新たに作成し,それを用いて1ヶ月間のうち6日の月の観測をさせた.そのデータを基に,月と太陽と地球の位置関係と月の運動(公転)について図示させたところ,系統的に高めの数値を記録した者が数名あったが,測定者ごとの月の移動経路はほぼ弧を描き,有益な結果を得ることができた.授業では他に,ボールとライトを用いた月の満ち欠け実験と,月齢カレンダーを用いた月の形と月の出・入時刻の規則性の調べ等を行った.その結果,授業前は位置関係と地球から見た月の形と出入り時刻の相関性が分かっていた学生が18.2%だったのに対し,授業後は理解度が大きく上昇し81.8%となった.記述からは,月と太陽と地球の位置関係の理解において,視点の転換だけでなく,地球の自転による時刻の変化と,北から俯瞰した時の(観察者にとっての)方角の概念が欠けやすいことが明らかになった.そして,特に中学生以降の観察や観測の機会の少なさが,理解度を減少させる原因の1つとなっている可能性が指摘される.「ツクヨミ」のような簡易測定器を用いて月の位置を数値化し,科学的思考に発展させることが今後重要となるであろう.
キーワード :教員養成
理科教育
月の満ち欠け
月と太陽と地球の位置関係
月の観測
高度測定
ツクヨミ
Science teacher education
Shape of the Moon
Position relation between the Sun
the Earth and the Moon
Observation of the Moon
Measurement of height of the Moon
Tsukuyomi
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/50901
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/50901/1/11(2)_113-123.pdf
出現コレクション:11 新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編 = Bulletin of the Faculty of Education. Natural Sciences

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/50901

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。