HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
040 経済学部 = Faculty of Economics >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 新潟大学経済論集 = The journal of economics, Niigata University >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20_0001.pdf9495KbAdobe PDF
Title :独占市場の余剰分析 : 私的・社会的限界費用の乖離に関する一考察
Title alternative :Welfare Analysis of Monopolistic Market: A Study on the Divergence between Private and Social Marginal Costs
Authors :濱田, 弘潤
Publisher :新潟大学経済学会
Issue Date :Sep-2007
Journal Title :新潟大学経済論集
Volume :83
Start Page :1
End Page :23
ISSN :0286-1569
Abstract :本論文では,独占企業の生産量決定と私的・社会的限界費用の乖離との関係に関して,部分均衡分析を用いた余剰分析を行う.完全競争市場と異なり独占市場では,過小供給と高価格が発生し,社会的余剰が減少することは,よく知られた事実である.一方,企業の私的限界費用が,外部不経済を考慮した社会的限界費用と乖離する時,過大供給が発生し,社会的余剰が減少することも,よく知られた事実である.本論文は,独占の下で,私的限界費用と社会的限界費用とが乖離している状態を考察し,社会的余剰がファーストベストの経済状態と比較してどう変化するのかについて,部分均衡分析の簡単なモデルを用いて余剰分析を行う.社会的余剰の大きさを比較することで,完全競争市場の前提が成立しないセカンドベストの状況において,市場の失敗を回避し,社会的余剰を大きくするために,どのような政策が望ましいのかについて,余剰分析のグラフを用いて理論的提言を行う.
Keywords :死荷重
私的限界費用
社会的限界費用
独占企業
余剰分析
Type Local :紀要論文
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/6145
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6145/1/20_0001.pdf
Appears in Collections:02 新潟大学経済論集 = The journal of economics, Niigata University

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/6145