HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
01_0004.pdf1003KbAdobe PDF
Title :Caspian Energy Transportation Routes : Determining Main Export Pipeline
Authors :Malikov, Khagani
Publisher :新潟大学大学院現代社会文化研究科
Issue Date :Jul-2006
Journal Title :現代社会文化研究
Volume :36
Start Page :55
End Page :74
ISSN :1345-8485
Description :現在、世界を主に左右しているのはペルシャ湾のエネルギー供給であるが、この地方は常に不安定で、治安が悪い、ロシアの石油も、外資系企業に対するロシア政府の姿勢やその他の政治的・経済的問題のため、アクセスしにくい。したがって、安定したビジネスをするために、多くの石油会社はカスピ海に関心をもつようになった。また、このカスピ海はヨーロッパとアジアを結ぶところに位置し、中央アジアのエネルギー資源をヨーロッパに中継する場所としても重要である。本論文では、カスピ海地域の経済発展に役立つ可能性をもつ輸出パイプラインの問題およびこの地域のいくつかの代替的なパイプラインに関する問題を論じた。すなわち、西向きルートとそれの建設や投資の問題である。さらに、カスピ海沿岸諸国の例としてロシアとイランが進めるパイプライン・プロジェクトの問題を検討した。
Keywords :Caspian Sea
oil and gas reserves
pipeline
interests
Type Local :紀要論文
Language :eng
URI :http://hdl.handle.net/10191/6350
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6350/1/01_0004.pdf
Appears in Collections:01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/6350