ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
021 教育実践総合センター = Center for Educational Research and Practice  >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper  >
01 教育実践総合研究 = Bulletin of Center for Educational Research and Practice Faculty of Educacion and Human Sciences Niigata University >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_0039.pdf696KbAdobe PDF
タイトル :力と運動の素朴概念を転換するIT活用法の有効性
別言語のタイトル :The Effectiveness of IT-based Teaching in Conceptual Development of Force and Motion
著者 :小林, 昭三
笠原, 健
村田, 章知
公開者・出版者 :新潟大学教育人間科学部附属教育実践総合センター
刊行年月 :2003
掲載誌名 :教育実践総合研究
巻 :2
開始ページ :39
終了ページ :62
内容記述 :ITセンサーやデジタル器機を科学実験にリアルタイムで連動させることによって、これまでわかり易く教える点で困難が多かった「力と運動」などの教育分野を、"わかり易い"はもちろん"感動的な"授業として展開する道を開きつつある。具体的には、(1)カセンサーによって、衝突などにおいて働き合う力を「予測」させ「検証」する「運動の第三法則」の授業。(2)動画カメラと運動分析ソフトによって、『位置』『速度』『加速度』などを視覚化して、運動法則をほぼリアルタイムで分析する授業や、距離センサーによって、運動する物体の『位置』『速度』『加速度』を視覚化して、運動法則をリアルタイムで分析する授業。などを行った。また、その授業の有効性について検証するために、授業に先立って事前テストを行い、授業年度の最後の時期にも事後テストを行った。その結果「こうした授業法は従来のものに比べてかなり有効である」ことが実証できたので、その詳細を報告する。
資料種別 :紀要論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/639
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/639/1/16_0039.pdf
出現コレクション:01 教育実践総合研究 = Bulletin of Center for Educational Research and Practice Faculty of Educacion and Human Sciences Niigata University

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/639

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。