ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
210 大学院現代社会文化研究科 = Graduate School of Modern Society and Culture >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
01_0062.pdf152KbAdobe PDF
タイトル :Perspectives of Political Marketing in Japanese Political Arena
著者 :Apasheev, Alexey
公開者・出版者 :新潟大学大学院現代社会文化研究科
刊行年月 :2007-7
掲載誌名 :現代社会文化研究
巻 :39
開始ページ :125
終了ページ :141
ISSN :1345-8485
内容記述 :企業のマーケティングであれば、「企業の価値の増大」が、商品のマーケティングであれば、「ブランドカの向上」や「売上・利益増」などが目標になる。政党のマーケティングであれば、「政策の現実」や「選挙でひとつでも多くの議席を獲得する」ことが目標になる(Hiroshige Seko)。確かに、日本では、学問的に政治マーケティングの概念がまだ本格的に開発されてはいないが、政治家または政党は実際には、マーケティングのアイディアやテクニックなどをますます利用するようになってきた。ある研究者によると、ほとんどの政治家はマーケティングのテクニックと観念を利用するが、そのことを公共的には認めないだけなのである(G.Mauser)。現代日本の政治家で一番効果的に政治マーケティングを使っていたのは小泉元首相であろう。ただし、それは事前に確定された戦略に基づいていたか否かは疑問である。むしろ、彼は自分の直感による政治マーケティングを展開したのではないだろうか。
キーワード :Political Marketing
political consumer
Japanese politics
Koizumi
資料種別 :紀要論文
言語 :eng
URI :http://hdl.handle.net/10191/6408
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6408/1/01_0062.pdf
出現コレクション:01 現代社会文化研究 = The journal of the study of modern society and culture

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/6408

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。