ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
060 工学部 = Faculty of Engineering >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
j88-a_6_722.pdf975KbAdobe PDF
タイトル :群集化交友集団のいじめに関するエージェントベースモデル
著者 :前田, 義信
今井, 博英
公開者・出版者 :電子情報通信学会
刊行年月 :2005
掲載誌名 :電子情報通信学会論文誌 A
巻 :J88-A
号 :6
開始ページ :722
終了ページ :729
ISSN :0913-5707
内容記述 :学校におけるいじめ問題は,「キレる」子どもや「ひきこもる」子どもの問題と同様,解決すべき重要な課題の一つである.しかし,いじめの定義はあいまいであり,社会心理学でもいじめを明確に決定づけることが困難であるため,現場教師による早期発見が難しい.いじめの背景には子どもと子どもの相互作用があり,特に中学生の年代では価値をめぐる相互作用により交友関係が形成される.しかし,一元的な管理主義が支配する学校の中では自由に価値を見出すことが難しく,また集団が群集化することがあり,群集化の影響が価値を共有できない少数の子どもをいじめのターゲットにしてしまう.本論文では,群集化する交友集団における,価値をめぐった交友関係の形成過程をエージェントベースでモデル化する.そして,モデルのパラメータ値を変化させることで,価値を共有できない少数のエージェントが発生する条件を明らかにした.提案モデルによると,管理を弱くしてエージェントに多様な価値を見出すことが許されるようにすることは,逆に価値を共有できないエージェントの数を増加させる可能性がある.我々は,その原因がエージェントの相互作用にあることを調べた.
キーワード :価値
排除
相互作用
スケープゴート
スティグマ
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/6536
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6536/1/j88-a_6_722.pdf
関連 :http://www.ieice.org/jpn/trans_online/
権利 :copyright©2005 IEICE
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/6536

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。