HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
070 農学部 = Faculty of Agriculture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
69(1)_97-102.pdf981KbAdobe PDF
Title :テッポウユリ‘ジョージア’のりん片培養によるカルス誘導とカルスからのウイルスフリー子球の生産
Title alternative :Production of Virus-free Bulblets from Callus Induced from Scale Culture of Lilium longiflorum ‘Georgia’
Authors :徐, 品三
新美, 芳二
荒木, 肇
Publisher :園芸学会
Issue Date :Jan-2000
Journal Title :園芸学会雑誌
Volume :69
Issue :1
Start Page :97
End Page :102
ISSN :0013-7626
Description :テッポウユリ‘ジョージア’のカルス培養によるウイルスフリー個体作出を目的とし,カルス継代および植物体再生条件を検討し,再生した子球のウイルス検定を行った.\r\n 1.‘ジョージア’のカルスは5.0μM picloramを添加したMS培地で継代する間には器官の細分化は起らず,カルス増殖のみであった.しかし,継代数を増加するにつれてその増殖率は低下した.\r\n 2.上述の培地で継代培養したカルスをMS培地と1/2MS培地(無機塩濃度が1/2に希釈され,他の成分は同一濃度)に移植すると,シュートはMS培地よりも1/2MS培地で培養したカルスからよく形成された.長期間継代培養したカルスでも0.5μM NAAの単独添加培地ではシュートを形成したが,その率は継代数の増加につれて低下した.\r\n 3.再生したシュートから発達した子球を低温処理したあと6ヶ月間圃場で栽培した.これらの植物体からのウイルス検出率はカルスの継代回数の多いカルスから得られた植物体で低く,継代5回の子球のウイルス検出率は約31%となり,CMVは全く検出されなかった.\r\n 4.抗ウイルス剤であるDHTおよびribavirin(5, 50μM)を培地に添加してもカルスからのシュート形成には影響しなかった.それらの添加培地から再生した子球の培養終了時点でのウイルス検出率は,無添加区より低くなった.特に50μM DHTの添加区では温室に移植した6ヶ月後でも培養終了時のウイルス検出率とほぼ同等で,19%であった.\r\n 5.ウイルスに感染した‘ジョージア’のりん片から誘導されたカルスを3回以上継代するか,あるいは50μM DHTを含む培地でカルスを培養して植物体を得る方法により,ウイルスフリー個体を効率的に生産できることが示唆された.
When Lilium longflorum 'Georgia' callus was induced from bulblet-scales in MS (Murashige and Skoog, 1962) medium supplemented with 5.0 μM picloram, callus growth was more vigorous in liquid than on a solid medium. When the calli were transplanted to MS medium and 1/2 MS (half strength inorganic elements and full strength MS organic elements), the frequency of shoot formation (percentage of callus regenerating shoot and number shoot per callus) was higher in the solid than in the liquid medium. However, the shoot forming capacity decreased as the number of subculturing was increased. Bulblets regenerated from subcultured calli were stored at 4℃ for 8 weeks and then transplanted to soil. After a 6-month cultivation in soil, when scaly leaves were indexed for viruses, the number of infectecd bulblets decreased in those regenerated from calli subcultured five times. Cucumber mosaic virus (CMV) was not detected. The addition of antiviral chemicals (DHT, ribavirin) in the regeneration medium (MS medium without growth regulators) had little influence on the rate of shoot regeneration from calli but increased the rate of virus-free bulblets. The addition of 50μM DHT eliminated CMV and LSV effectively to reduce infection rate of bulblets to 19% even after 6-months cultivation in a greenhouse.
Keywords :antiviral chemicals
callus culture
Lilium longiflorum
shoot regeneration
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/6575
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6575/1/69(1)_97-102.pdf
Rights :園芸学会
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/6575