ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
070 農学部 = Faculty of Agriculture >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
69(2)_221-223.pdf467KbAdobe PDF
タイトル :カンキツの不定胚形成における内生オーキシンの影響
別言語のタイトル :Effects of Endogenous Auxin on Citrus Somatic Embryogenesis
著者 :池田, 敬
児島, 清秀
薬師寺, 博
小林, 省蔵
野並, 浩
公開者・出版者 :園芸学会
刊行年月 :2000-3
掲載誌名 :園芸学会雑誌
巻 :69
号 :2
開始ページ :221
終了ページ :223
ISSN :0013-7626
内容記述 :本研究ではカンキツ(Citrus sinensis Osb.)の不定胚形成能と内生インドール酢酸(IAA)の関係,および不定胚形成過程での内生IAA濃度の変化について検討した.Embryogenic callus(EC)はオーシキンを含まない培地で‘トロビタオレンジ’と‘大三島ネーブル’および‘ワシントンネーブル’の胚珠から得られた.不定胚形成能力が高いカルスほど内生IAA濃度は高かった.ECをホルモンフリー培地で培養すると,IAA濃度は培養後2日目まで増加し,その後減少した.これらの結果から,ECの段階では高い内生オーキシン濃度を必要とするが,不定胚誘導では内生IAA濃度の減少が関係していることが示唆された.
This study investigated the changes in endogenous auxin concentration during embryogenesis of citrus (Citrus sinensis Osb.) in tissue culture. Embryogenic callus (EC) was induced from ovules of 'Trovita orange' and 'Oomishima navel'. In both varieties, the EC having greater capacity for embryogenesis had a correspondingly higher endogenous indole-3-acetic acid (IAA) concentration. When the EC in 'Washington navel' and 'Oomishima navel' were cultured on hormone-free media which can induce embryogenesis, the IAA concentration increased for 2 days, then rapidly decreased and stabilized 14 days later. These results suggest that the decrease in IAA concentration is closely related to citrus embryogenesis.
キーワード :Citrus sinensis Osb
Embryogenic callus GC-MS-SIM Indole-3-acetic acid
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10191/6591
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/6591/1/69(2)_221-223.pdf
権利 :園芸学会
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/6591

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。