ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
020 教育学部 = Faculty of Education >
10 学術雑誌論文 = Journal Article  >
10 査読済論文 = Postprint  >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
49(3)_269-276.pdf254KbAdobe PDF
タイトル :Antigenic Peptides of Ovalbumin Digested with Trypsin or Chymotrypsin
別言語のタイトル :トリプシン,キモトリプシン消化により得られるオボアルブミンの抗原性ペプチド
著者 :Odani, Sumiko
Kato, Yukie
Awatuhara, Hiroko
公開者・出版者 :日本家政学会
刊行年月 :1998-3
掲載誌名 :日本家政学会誌
巻 :49
号 :3
開始ページ :269
終了ページ :276
ISSN :0913-5227
抄録 :Ovalbumin(OVA)is a major allergen of hen's egg white and often induces hypersensitivity in atopic children. Further knowledge of the antigenic and allergenic determinants of OVA will allow better treatment to be provided for this disease. We investigated the antigenic determinants of OVA by immunoblotting and a microsequence analysis. OVA was digested with trypsin or chymotrypsin, and the peptides were separated by tricine SDS-polyacrylamide gel electrophoresis. The antigenicity was tested by binding an anti-OVA rabbit IgG antibody with the peptides. Binding studies revealed that almost all banda of the tryptic peptides with MW of more than 5, 520 and almost all bands of the chymotryptic peptides with MW of more than 7, 280 were positive. It is proposed that a part of the antigenic determinant existed in the OVA sequence of 253-261(or 264).
オボアルブミン(OVA)をトリプシンまたはキモトリプシンで消化して得られたペプチドの抗原性と一次構造を調べた.消化ペプチドをトリシン-SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法で分離し,イムノブロット法で抗原性を検出したところ,トリプシン消化で分子量5,520以上,キモトリプシン消化で分子量7,280以上のバンドはすべて抗OVAウサギIgG抗体と反応した.抗原性を示すペプチドをゲルからPVDF膜にブロットしたのち,気相シークエンサーでN末端アミノ酸配列分析を行い一次構造を推定した.これらのアミノ酸配列のうち,抗原性を示す領域および抗原性を示さない領域から抗原決定基と考えられる部位は,OVA253~261(または264)に含まれることが示唆された.
キーワード :ovalbumin
allergy
antigen
trypsin
chymotrysin
peptide
オボアルブミン
アレルギー
抗原
トリプシン
キモトリプシン
ペプチド
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :eng
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/8468
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/8468/1/49(3)_269-276.pdf
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/8468

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。