HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
080 医学部医学科 = School of Medicine, Faculty of Medicine >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
54(4)_506-510.pdf231KbAdobe PDF
Title :低身長入院検査に関する意識調査
Title alternative :Questionnaire Survey of Medical Examinations for Short Stature
Authors :菊池, 透
川崎, 琢也
橋本, 尚士
高橋, 秀雄
内山, 聖
Publisher :日本小児保健協会
Issue Date :Jul-1995
Journal Title :小児保健研究
Volume :54
Issue :4
Start Page :506
End Page :508
ISSN :0037-4113
Abstract :新潟大学医学部附属病院小児科で低身長入院検査を受けた小児を対象に低身長入院検査に対する意識にアンケート調査を行った。GH治療が適応と判定された低身長児(GHTx群)では25名中18名,および,GH治療が適応と判定されなかった低身長児(nonGHTx群)では38名中26名から有効回答を得た。さらに全体を就学前後で,年少児群および年長児群の2群に別けた検討も加えた。年少児群ではヘパリンロック作製時(針をさされるとき)を苦痛と感じていた。年長児群(7歳以上)は成長ホルモン分泌刺激試験,成長ホルモン夜間分泌試験の簡略化を望んでいると考えられた。これらの結果はGHTx群とnonGHTx群で差はなかった。低身長検査の改善のためには現行の検査の簡略化および新しいより簡易な検査の開発が必要である。簡略化のためには低身長検査成績およびGH治療成績の集積,検討が不可欠と考えられた。
Keywords :低身長検査
成長ホルモン分泌刺激試験
成長ホルモン分泌不全性低身長
成長ホルモン治療適応
アンケート調査
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/9792
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/9792/1/54(4)_506-510.pdf
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/9792