ホーム    Nuar 総合案内    マイ・リポジトリ        English    ご意見

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
080 医学部医学科 = School of Medicine, Faculty of Medicine >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
57(1)_85-89.pdf238KbAdobe PDF
タイトル :肥満または高血圧児における家庭血圧測定の有用性に関する研究 : 24時血圧との比較
別言語のタイトル :A Study on Home Blood Pressure in Obese or Hypertensive Children ; A Comparison with Ambulatory Blood Pressure
著者 :長沼, 賢寛
富沢, 修一
内山, 聖
公開者・出版者 :日本小児保健協会
刊行年月 :1998-1
掲載誌名 :小児保健研究
巻 :57
号 :1
開始ページ :85
終了ページ :89
ISSN :0037-4113
抄録 :29例の肥満および高血圧小児を対象に,家庭血圧,検診あるいは外来時血圧と24時間血圧(収縮期の平均値と,拡張期の平均値)を比較検討した。検診時の血圧と外来血圧のいずれも24時間血圧との間に相関を認めなかった。一方,家庭血圧は24時間血圧の平均値と密接に関連し,特に,連続して3回測定した血圧の平均値や正午の血圧などが24時間血圧と良好な相関を示した。検診時および外来時の収縮期血圧は,24時間血圧の7時半から12時の平均値に比して優位に高値であったが,家庭血圧はほぼ同じ値を示した。家庭血圧(特に,連続3回測定した平均値)は24時間血圧をよく反映し,小児の血圧を評価する際にも簡便で有用な手段と考えられた。
キーワード :家庭血圧
小児高血圧
24時間血圧
肥満
生活習慣病
資料種別 :学術雑誌論文
言語 :jpn
フォーマット :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/9794
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/9794/1/57(1)_85-89.pdf
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10191/9794

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。