HOME    Nuar Information    mypage        Japanese    Feedback

新潟大学学術リポジトリ Nuar >
080 医学部医学科 = School of Medicine, Faculty of Medicine >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
57(1)_85-89.pdf238KbAdobe PDF
Title :肥満または高血圧児における家庭血圧測定の有用性に関する研究 : 24時血圧との比較
Title alternative :A Study on Home Blood Pressure in Obese or Hypertensive Children ; A Comparison with Ambulatory Blood Pressure
Authors :長沼, 賢寛
富沢, 修一
内山, 聖
Publisher :日本小児保健協会
Issue Date :Jan-1998
Journal Title :小児保健研究
Volume :57
Issue :1
Start Page :85
End Page :89
ISSN :0037-4113
Abstract :29例の肥満および高血圧小児を対象に,家庭血圧,検診あるいは外来時血圧と24時間血圧(収縮期の平均値と,拡張期の平均値)を比較検討した。検診時の血圧と外来血圧のいずれも24時間血圧との間に相関を認めなかった。一方,家庭血圧は24時間血圧の平均値と密接に関連し,特に,連続して3回測定した血圧の平均値や正午の血圧などが24時間血圧と良好な相関を示した。検診時および外来時の収縮期血圧は,24時間血圧の7時半から12時の平均値に比して優位に高値であったが,家庭血圧はほぼ同じ値を示した。家庭血圧(特に,連続3回測定した平均値)は24時間血圧をよく反映し,小児の血圧を評価する際にも簡便で有用な手段と考えられた。
Keywords :家庭血圧
小児高血圧
24時間血圧
肥満
生活習慣病
Type Local :学術雑誌論文
Language :jpn
Format :application/pdf
URI :http://hdl.handle.net/10191/9794
fullTextURL :http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/9794/1/57(1)_85-89.pdf
Appears in Collections:10 査読済論文 = Postprint

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10191/9794